蕗谷虹児・中原淳一・松本かつぢ展

『乙女たちの夢とあこがれ』展

  • 大正から昭和の時代にかけて竹久夢二を頂点とした抒情画は後輩の画家達に継承されました。 大衆雑誌の普及が進むにつれ,より娯楽性を強めるために,目で楽しめる イラストがふんだんに盛り込まれるようになってゆきます。小説の挿絵から商品の広告まで,そのデザイン性もモダンで洗練されたものに進化を遂げ、こうした時代背景から挿絵画家から人気作家が次々と誕生しました。

 特に少女雑誌の人気挿絵画家はその地位を高め、彼らの手がける本の表紙絵・物語の挿絵は爆発的人気を博してゆきます。中でも蕗谷虹児、その後輩核の松本かつぢや中原淳一は時代を変えながら一大ブームを巻き起こしました。3人はお互いの交友関係も含め今なお化される存在です。彼らの絵の共通する根底にはロマ ン主義と多岐にわたる仕事ぶりが見て取れます。

関係性の強い作家三人衆として、それぞれの美学と世界感を濃密に紹介する国内初の三人が揃う企画展です。

 中世ヨーロッパの様な『蕗谷虹児記念館』素敵です!

蕗谷虹児記念館の正面入り口

記念館のドアーを開けて中に入ると虹児ワールドが広がります!

展示風景パノラマで撮ってみました!

クルミちゃんは此処でも皆さんをお出迎えしています^^

2階も展示場になります

2階に上がると此の様な展示が楽しめます。今回はクルミちゃんのDVDもお楽しみいただけます❤️

新発田市のもう一つのお楽しみは『月岡温泉』お湯よし、食よし、もお楽しみいただけます!

帰りの新幹線の車窓からは見事な雪景色!!(越後湯沢近辺)

皆様もどうぞ、新潟県新発田市の旅をお楽しみ下さいませ!

展示会情報

  • 会 期平成29年3月25日(土)~平成29年6月25日(日)
  • 入館時間=午前9時から午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
  • 会 場=新発田市 蕗谷虹児記念館 新潟県新発田市中央町4-11-7☎0254-23-1013
  • 入館料=一般・大学生500円(団体20名様以上400円)、高校生200円、

小・中学生100円(税込み価格、身障者手帳提示の方は無料)

休館日=月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日火曜が休館となります。)