あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます♪   昨年は沢山の皆様の多大なる応援ありがとうございました!! 本年もどうぞよろしくお願いいたします. お正月のクルミちゃん、着物着てちょっと気取ってるね〜〜! みなさま、、

10月秋ですね!

芸術の秋!スポーツの秋!食欲の秋! 展示会のお知らせを一つ 『原画(ダッシュ)で見る』『昭和の少女漫画展』 少女漫画は、明治以降の少女雑誌に描かれた小説の際絵や抒情がを源流とし、昭和の初期には恋愛ファンタジーなど多彩なジ

9月

暑い暑い8月がすぎて9月になりました まだまだ暑さの残る9月ですが 空の高さ、吹く風の涼しさ、少しだけ秋を感じるようになってきました!   二子玉川の『松本かつぢ資料館』では『クルミちゃんのお家遊び』がインスタ

4月になりました!

今月は新しい展示会が始まります!! 『松本かつぢ かわいいづくし展』 とちぎ蔵の街美術館は栃木県栃木市にある、江戸時代の古い蔵を修復した美術館です^^ 趣のある素敵な美術館ですね!! そんな、素敵な『蔵の街美術館』での『

光の精ポンピー

2月です🎶 春の日差しが待ち遠しい今日この頃ですね〜 かつぢの描く子供の絵は思いっきり元気で明るい子供達! 早くお外に出て遊びたいね〜〜〜🎶   『松本かつぢ資料館』2月の展示は

【 A happy new year 】

2018年 新しい年の始まりです ! *今年は春から嬉しいお知らせがあります* 1月20日 発売の雑誌『天然生活』2月号特集『松本かつぢのやさしい眼差し』 に引き続き、3月号(P/インフォメーション)に『クルミちゃん』4

『不思議の国のアリス』&原画展

  絵本作家としても数々の名作を残した松本かつぢ。 その中から『不思議の国のアリス』を中心に、松本かつぢ絵本の世界を紹介。 当時出版された絵本を展示します。  又今回特別に原画も展示いたします。 松本かつぢ『不

『不思議の国のアリス』新発売!!

お待たせしました! 待ちに待った『不思議の国のアリス』が出来上がりました!! この度はクラウドファンディングの沢山の方たちのご支援の元、 50年以上もの時を超えて、新たな不思議の国のアリスが 『ニジノ絵本屋』から出版する

Seven Book’s of Rainbow

松本かつぢ 7つの絵本プロジェクトが始まりました! 松本かつぢ ❌ ニジノ絵本屋   第1弾 絵本『不思議の国のアリス』 “Alice’s  Adventures in Wonderland” 日本

蕗谷虹児・中原淳一・松本かつぢ展

『乙女たちの夢とあこがれ』展 大正から昭和の時代にかけて竹久夢二を頂点とした抒情画は後輩の画家達に継承されました。 大衆雑誌の普及が進むにつれ,より娯楽性を強めるために,目で楽しめる イラストがふんだんに盛り込まれるよう

中伊豆の竹細工

かつぢは晩年(昭和46年)静岡県の中伊豆にアトリエ『稚筍房』を建てて移り住み。 竹細工の玩具やお人形を次々と考案し地元の農家の人たちに郷土の土産として制作する事をすすめました。その一連の活動が認められ静岡県から表彰されま

祖父『パポちゃん』の思い出

かつぢファンの皆様こんにちは。 かつぢの孫のひとりであります「雅」です。(孫は沢山います。) 今回、私が製作した新しいかつぢのウェブサイトはいかがですか? これからもかつぢの作品やエピソードなどを 沢山のコンテンツを紹介

くるくるクルミちゃん4コマ漫画

昭和の初期から35年もの長きにわたって、当時の少女雑誌に連載され、沢山の少女に愛された、、連載マンガ 『くるくるクルミちゃん』をご紹介します。 それぞれに描かれたクルミちゃん達は、絵はがきになったり、便箋の表紙になったり

チント君(文・松本かつぢ)

昭和22年『ひまわり』6月号の掲載。 (古いスケッチ・ブックより) チント君が、雪の山形から,僕の家に奉公に来たのは一五の春だった。 名はすみ子と言ったが、家の物はみなチント君と呼んだ。 愛嬌のある、凡そちんまりと、チン

チンと君を訪ねて

北海道よりみえたお客様の話、、 『どうしても出会いたい絵があるんです』って、、、 まだ暑いさなかにギャラリーを訪ねていらしゃいました。 伯母さまが持っていた『ひまわり』に掲載されていた『チント君』と言う絵だそうです 確か

お客様

昨日は秋の新企画『我ら動物みな兄弟』をテーマに『ギャラリー松本かつぢ』が開館しました。 かつぢの描くユーモアー溢れる動物たちを展示しています。 この看板が見えて来たら、、ギャラリーはもうすぐです!! そのまま庭に中に入っ

羽子板

嬉しい事がありました 長い事探していたクルミちゃん羽子板が、、やっと我が家に帰ってきました ある方から頂いたんです 幼い頃、、我が家にはクルミちゃんの絵の付いた羽子板が沢山ありました、 あの頃の羽子板は一体何処え行ってし

今日は

はじめまして! 私がクルミちゃんです 私の生みの親、、『松本かつぢ』のお話とか、、 『かつぢ』の作品をご紹介します