かつぢとは

松本かつぢ

本名 松本 勝冶 1904-1986
松本かつぢは、昭和を代表する少女漫画・叙情画の作家。
繊細なタッチの美少女画から明るくコミカルな漫画、
また数々のキャラクターデザインなど、幅広い活躍を見せ、
没後20数年が経つ現在も多くのファンに愛されております。

プロフィール

まつもとかつぢ ポートレイト

まつもとかつぢ ポートレイト


1904年・神戸で父寅治・母いしの間に生まれる。
かつぢ8歳の頃、東京へ家族とともに移り住み、立教中学在学中(13歳頃)に
はじめたアルバイトで、 博文館の雑誌のカットをはじめ、挿絵の世界に入る。

18歳で同中学を中退後、川端画学校へ通 いながら「新青年」「少女世界」「少年世界」等の雑誌で、カットや挿絵を描いた。

1923年の関東大震災で、出版業界においても大打撃を受けたことを契機に、
かつぢは、自らの活路を探すべく、パリに赴き、絵画の腕を磨くことを決意し、日本を後にする。
ただし、途中で立ち寄った上海に逗留していた折、急遽帰国を余儀なくされ、徴兵検査を受ける。
(当時の徴兵検査では、偏平足であったがゆえに、出兵をせずに、内地にとどまった。)
上海にいた時分、かつぢは上海日日新聞に記事とイラストを書くことで、
渡航と滞在の費用を捻出していた。

その後、昭和に入った日本で、少女雑誌で挿絵画家としてデビュー。
たちまち、エキゾティックで繊細な美少女画で頭角を現す。
「少女の世界」「少女の友」で注目を浴び、少女達の人気を得る。
加えてユーモア溢れるタッチの挿絵や漫画にも挑戦し,新境地を開拓する。

1934年発表の代表作 『なぞのクローバー』に続き、

1938年(昭和13年)には少女漫画の先駆け的作品である『くるくるクルミちゃん』を連載開始。
同作品は発表雑誌を変えながら足かけ35年もの長期連載となった。
又クルミちゃんは愛すべきキャラクターとして定着し、次々とグッズ化され 、
昭和のキャラクターグッズの元祖となった。

1950年(昭和30年)頃からは、動画の仕事やベビーグッズの企画・制作も手がけ、
コンビから発売されたベビー食器は大ヒット商品となった。

1971年(昭和46年) 静岡県田方郡中伊豆町(現在の静岡県伊豆市)に
アトリエ稚筍房を設立、竹細工のおもちゃや置物などのデザインを手がけ、
地場産業の発達にも寄与した。

1986年(昭和61年) アトリエに程近い病院で、妻あや子や次女明子ら看取られ、
81歳で、逝去。静岡県御殿場市の富士霊園に埋葬された。

近年、そのバラエティー豊かな活動と作風が再び注目され、
2006年春に東京弥生美術館で開催された没後20年の回顧展では、
同館の歴史上、3番目の来場者を数えた。

Katsudi’s history and biography is edited by Mr Matt Thorn in Seika-University (Kyoto,Japan)
English article about Katsuji is available on Wikipedia